介護福祉士の職場

介護福祉士の資格を取ったらどんな職場に就職すればよいのでしょうか?基本的に介護を必要としている施設は限られています。民間の老人ホームから、自治体が運営する福祉施設など様々な職場があり、相手にする方も違ってきます。また、施設の中で働く以外にも訪問看護を行っている施設に入れば担当の家が決められて、そこに通って仕事をすることになるでしょう。このページではそんな介護福祉士が活躍できる職場をいくつかご紹介していきます。

養護老人ホーム

養護老人ホームは、経済的な理由によって自宅で生活ができくなってしまった65歳以上の高齢者を集めて入居させている自治体が運営する施設のことで、入居の申し込みは市町村で行います。高齢になって働く場所もなく、さらに子供など頼りにできる家族や、血縁がいないため生きていくことが出来なくなった高齢の方を対象にして立てられた施設で、生活が出来ないと自治体に判断されれば入居することが出来ます。

昔は公的な老人福祉施設としては最も多い施設だったのですが、現在はあまり建設されていないようです。所得がある場合には、お金が必要な場合もありますが、多くても8万円程度のです。養護老人ホームという名前のため民間の老人ホームと混合されてしまうことも多いのですが、こちらは公的機関ですし、民間の老人ホームの場合は高齢の方々にサービスを提供する施設であり、入所金や、月々の生活費もかかりますので全く別の施設と言うことになります。

グループホーム

グループホームは、認知症にかかってしまった高齢者が、自宅から離れて日常生活を送ることが出来るように支援している施設です。このグループホームの特徴は高齢者が少数の集まりを作って共同生活をするという形態にあります。これは認知症の治療として行われているもので、集団生活を送ることで、脳に刺激を与え続けて活性化させ認知症の症状を緩和したり、進行を遅らせる効果があるとされているのです。そのためこのグループホームは認知症の高齢者を自立させるための施設といえます。

高齢者が認知症になってしまい自分では何も出来ないという状況になってしまっても、スタッフと同じ境遇の仲間達ともに生活し、自分に出来ることを考えるだけでも、脳の活性化につながり、少しでも認知症の進行を遅らせることが出来るとされているのです。施設費は1つ1つの個室があり、みんなで集まれるリビングルームもあります。そのため、プライバシーは守られますし、リビングに行けば人と関わることも出来ます。そのことが脳への刺激となって症状が良い方向に傾くことが期待されているのです。

このような施設でも介護は重要な役割を担っています。高齢者だけのコミュニティでは不自由なことが出てくる可能性は高いですし、コミュニティという関係上人間関係のトラブルも発生する可能性があります。このようなときに必要なのが介護のスペシャリストである介護福祉士なのです。この他にも福祉施設はたくさんあり、それぞれの施設で介護福祉士は必要とされています。

Favorite

体毛が苦手な女性とのおつきあいのために。

男 脱毛

英語を第2語とする人たちに教える資格を有するインストラクター

オンライン英会話

「最高のクリエイティブ」と「最高のホスピタリティ」でおもてなしいたします。

町田 美容院

Last update:2014/12/16